褒めて伸ばすなどと、褒めることを伸ばすための道具に使うのはやめてください。単に褒めてください。認めてください。好きなら勝手に伸びていきます。至極当然の成り行きです。

褒められることを道具に使うと、褒められる為に、愛されたい為に頑張るようになります。 周りの目が気になります。常に頑張ることを強いられます。そうしなければ愛さない のメッセージを感じるからです。

だれもみな、ただ、そのままありのままの姿を認めてほしいのですよ。