あなたは悪くないとか 、自分を大切にとか、 そういう 肯定だけの言葉。 そりゃ喉から手が出るほどに 嬉しいけれど それだけで解決はない。肯定と承認 で癒されることは多い。…でも 本当のことが解らなければ、 終わらないし 始まらない。

大人になって世間に出てから 「あなたがバカなんですよ。」 と教えてくれる、 そういう本や、人は数少ない。

自分を知るということは、 自分では見えていない部分に 光を当てるということ。 そこに映し出される姿がなんであれ、 それが自分。 善いことばかりな訳はない。 でも、 真実を知らずして、自分の人生は浮かばれない。