自分が子供で、親や大人から意味不明なまま怒られるような環境にいたら、 大人の怒声や怒っている雰囲気に、過剰反応するのは当然のことです。 これが日常的に続いていたら、もはやその、怒声や雰囲気に呑み込まれ、 何が起きているのかということより、そこからどう避難しどう居たらいいのかしか 考えることができなくなります。 いち早く察知し、或いはそうならないように先回りし、 自分の安全を確保することに終われます。

そこで何がおき、どうしてそうなるかなどは考える余裕がなく、 または考えても解らないのです。 俗に言う、ヒステリーな親、独裁的な親など、つまりは 自分の気分から周囲を振り回す人々。 それが子供にとっては意味不明で、本当は意味などないということを、 当時の子供が知る由などないのですよ。