『自分が自分の責任に直面できないから人を甘やかす。』 これが、依存型人間の住む世界の流儀だ。 子供の尻拭いをし続ける過保護親や、夫の世話を焼き続ける妻、その両者に当てはまるのがこれ。 私がしてあげなくちゃこの人が壊れるから、困るからといいつつ、子供や夫のフォローをし続けることで自分の問題から逃げ続けられる、自分が逃げたいからフォローをし続ける。 直面している問題から目をそらし、問題を棚上げする、正に依存関係でのワンパターン。

逃げ続けるも、依存関係も、悪いことではないし、それが楽な人達にはいいけども、そういう両親の元で育てられる子供は大変だ。 だって、何が責任かを教えられていないので、何が甘くて何が厳しいのかもよくわからないまま、頼ってくる親に冷酷非道なことは言えず、そのまま親を背負わされる。 その世界には、自分の意思を持つ という発想もなく、自分に責任を負う という意味も解らない。 ただ、『自分の問題から逃げて良い』 という流儀がまかり通っていく。