私はきれい好きなほう。ところが息子の部屋は散らかり放題。 だから私は立ち入らない、イヤなんでね、つい口を出したくなるのでね。

散らかっている部屋のほうが落ち着く人と、きれい好きな人。 落ち着ける状態が違えば話は噛み合わない。 しかし、それを批判しあうこと、善悪を説くことは邪魔なだけ。 そう、お互いに自分を変える必要はない。

自分を変えず、相手を変えようとせずにいられるのは、どちらにも○×がないから。 どちらの好み?も尊重しあえばいいだけのこと。 ちなみに、彼女が来るときの部屋はキレイだ。何も言うことはない。

例えば、心配性の人がいたとして、それを治す必要はない。 心配しないようにするほうが落ち着かないなら、変える必要はない。 自分のために心配したらいい。 心配というものは、期待したり、他人への迷惑を慮ると増していく。

全ては心配している自分のためです。 その心配は自分のもの。だから思う存分すればいい。