落ち込んでしょぼくれていても、寂しくてオイオイ泣いていても、ムカついて怒鳴っていても、 そんな自分をほっとけるか、そんな自分を大事にできるか、フリをしないでいられるか。 カッコ悪かろうが、情けなかろうが、自分の感じた事、思っている事を認め、 そういう自分に誇りを持てるか。

それは、悲劇のヒロインになる事でも、自己中になる事でもなく 自分のあるがまんまを許すことです。 笑っていればいつか報われる、誰かが認めてくれる、我慢していれば終わりがくる、 そんなファンタジーの世界にいては一生味わえません。

我慢できていても、痛いものは痛いし辛いものは辛い。悲しいし寂しいし、 イラつくしムカつきます。 過去の、過酷な体験で、否応なく自分を誤魔化して、ファンタジーの世界に 逃げ込むしかなかった方もいるでしょう。 しかし、いつか、いつかは、ありません、あなたの王子様に出会えましたか? 今までの人生を振り返って思い出して下さい。 ファンタジーの世界では、楽しさや喜びも、どこか実感の沸かない他人ごとのようで、 満足感は味わえないでしょう。

実感が沸かないから、もっともっと、もっと頑張れば、 もっと耐えればといった傾向に陥るのです。 出口の見えない迷路をさまよってしまうのです。 それでは、いつまでたっても自信、責任は感じられません。 自信や責任を持てる自分でいたいと思う方は、ご自分の手を上げてみてください。

・・・ ほら!  こういうシンプルなこと。 手を上げた行動と、自信と責任を持って生きたがっている気持ちとが、一致しています。 自信、責任を持った自分でいたいと素直に思ったから、ふっと手が上がった、 その自分の気持ちに嘘がないという実感、これがライブ!これが生の体感です。

自分に自信や責任を持つには・・・ 先ずは、単純に、いい人のフリを辞めることです。 頑張らない方向、我慢しない方向、もう少し、力(りき)まずリラックスしていきましょうよ。

ついでに、話がすっとぶようですが、釈迦も、親鸞も、道元も、これら出家僧たちは 家族を捨てていってるんですよ。 語られない妻子の想いもあるのです、お互いに、深い嘆き、悲しみ、痛み、憎しみは あるのですよ。 どこか、仙人の世界にワープしたんじゃなくて、 ちゃんと生身の人間の日常の延長に過ぎないのです。