物書き、特に小説家は、描写の美しさが読者の心をひきつける。 私のように文才のない者は、ひたすら自分の書きたいことや伝えたいことに忠実に、正直に、そしてそれを正確な言葉に置き換えていくしかない。

ですが、似ているなあと勝手に思うのは、 書きたいことがないときは一行も書けないということ。 頑張って書くなど私にはできないのです。 ところが、ひとたび書き出すと、何かが降りてきたような心持ちにもなる、勝手なもんです。

どうかそんな心境ゆえ、 この気まぐれさにご容赦願います。 自分の気持ちや考えを、確実に正確に、 限りなく正直に書いているつもりです。