感情に優劣はありません。感じるまま味わってください。感情に善悪などありません。皆平等です。多くの人は、嬉しい・楽しいに比べて、憎い・悲しい・寂しいなどを感じるのを恐れ、 抑えようとされる傾向があります。 感情を種類に分け、評価されているようです。

しかし、感情の善し悪しを比べ、評価するなどということができるのでしょうか?そういう不自然な行為が、結果、苦しさや違和感となるのです。感じるにはそれなりの理由が、必ず存在します。優劣などありません。 もっともっと感じていいのです。自分に忠実に、何にも邪魔されず感じることを許可してください。