元来の気まぐれさゆえ、記事の更新が一ヶ月もされない時がある私。 執筆意欲が沸いてこないというか、ピンと来ないときは、ひたすらぐうたらな私。 考えて書いてるときというのはしっくりきにくく、勝手に手が動くときがいい。 文章は上手くないんだけど、思いが伝わればいいかと、ご勘弁ください。

さて、ふぅ~っと浮かんできたもの、すごく大事。引っかかるもの、すごく重要。そして、気まぐれに意味あり。これら、頭では太刀打ちできない領域。気になることは気にしてみる。 飽きたら辞めて、また気になったら、またまた気にしてみる。 気にしないようにすることは不自然。不自然なことするから苦しくなる。

つまり、素直な気に沿っていく。その真意にこそ、腑に落ちる意味が待っています。