言葉というのは、使う人もそうだけど、受け取る人によって意味が違ってくる。 私が、「ど~でもいい」と言うと、怖い とか冷たい とか思われることもあるのですが、 心からどちらでもいいと思うことをきっぱりと言ったまで、そこに他意はない。 善悪や優劣に関しても、私はかなり少ない方だと思うので、シンプルに 「い~んじゃないの」とか「あっそう」とか言うと、これまた引っかかる人もいるらしい。

話していくと、「あれ、ホントにそう思ってたんだ~」と言われるけど、いくら正直に 使っていても、なんか誤解を解くのに時間がかかる。 ね、人の言葉なんて、どう言おうが、どう使おうが、お互いの思いで いくらでもズレていく。 でも、そのズレが嫌な私は、かなり、双方の意味の確認に拘っています。 例えば、「ぼち、ぼち」「まあ、まあ」「さっぱり」みたいな返事をされたときは、 それじゃあさっぱり解らないんで、「ぼち、ぼちってどれくらいなの?」とか 「さっぱりって、ゼロ?」とか聞き返す。 きちんと解りたいから聞くのであって、ズレたくないからであって、 突っ込みたいわけでも、絡みたいわけでもない。 これ、世間では鬱陶しがられる。

ほら、「ぼち、ぼち」と控え目に言うことって、美徳?奥ゆかしい?という場合が 多いじゃありませんか。 でも私だって、もし相手が‘聞かないでオーラ’を出していれば、当然解りますし、 それでも聞こうとする訳じゃない。 話が噛み合わないのがイヤなんですがね。

言葉と意味の使い方って、結構自分勝手なんですよね。 単語など、例えば、「自由」「責任」「優しさ」「素直」「普通」「コンプレックス」 「愛」・・・それらに善悪・優劣意識が加わって、ズレまくる。 意味のはき違えが起きてしまう。

人間は言葉を使いますが、そこに乗っかる気持ちというのか意図というのか、 それらが空気や雰囲気で相手を如何様にも操作する。 また、自分を表現するのに言葉を使っているつもりでも、 言葉に自分を当てはめて、言葉が一人歩きし、言葉に使われ惑わされてしまう。

例えば、ACという言葉。似たような気持ちや状態を集め、まとめ、ACという 概念のカテゴリーを作ったら解り易くなった。 しかし、自分=AC になり、ACだから○○、ACだから△△と、実際の自分から 離れて学習してしまう。その言葉からの脱却を目指してしまう。 これでは本末転倒だ。 言葉は便利ですが、厄介です。 流暢に理路整然とまくしたてられると、そうなんだ~と勘違いしてしまう。 有名人や権力者の使い方が正しいと思い込んでしまう。 自分の受け取り方もあるけれど、言葉の意味にご注意下さい。 言葉主体ではなく、自分主体に当てはめてお使い下さい。