私のソフトテニス暦は、若干1年。 1年と言っても数えるほどしかしたことはない。 夫が経験者ということから、健康のために遊んでいるようなもの。 しかしこれがなかなか上手く行かない。 というか、どう教えられても、どう考え動いても、 思うように行かず、まったく面白くない。 ダメだしされ、指導されればされるほど、イヤになる いつでも、 も~ 辞める~  となる。

ところが、先々月だったか、数人の友人達とゲームをした。 私はと言えば、まったく解らないまま、前衛のポジションに立たされる。 テニスって、ほら、…アドバンテージ  …ディユース  とかなんとか、 なんのことやら英語が飛び交う。 で、 で、 この私、 訳もわからぬまま、相手コートから来たボールを初ボレー お! お! なんじゃこりゃ!   お、おもしろい~  ボールがラケットにちゃんと当たり、プレーになっているどころか、 打ち込めちゃったりできるじゃないですか!

お~ 上手く出来るってのは面白い。 下手はつまらない、面白くならない。 そして、考えもせず、努力もせずに、なんなくやれてしまうのがいい 。はじめてテニスが楽しいと感じたのでした。

どうやら私、前衛に向いているらしい、 性格的なものと身体的なものが、あっているらしいぞ。 これならテニスが続けられる、と思った瞬間でありました。 う~ん、恐るべし向き・不向き。 つまり、自分に向いているものであれば、コツなど容易く掴め、 さほどの努力もせずに出来てしまう。 それがセンスというものですかね。 世の中にはそういうこと、そういうもの、一杯ある。

いっくら苦労しても努力してもできないなら、 一度自分の力量を客観視してみてください。 上には上がいるもの、ですがその前に、面白いかそうでないか、 そして自分の向き・不向きをご確認くださいな。 いえ、努力するのがお好きなら、それは誠に結構なんですけどね。

前衛だ~い好き! 後衛ダイキライ。 今日も楽しもうっと。