女性ってのは歳をとるに連れて本当に強くなって行く生き物なんでしょうかね。 特に「母は強し」とはよく言いますが、あれ、よくよく考えると、母が強くなって行くのは子供のためなんかじゃなくって、自分の傘下ができる事でどんどん図々しくなっていけてるんじゃ、ないでしょうね?

子供の為と言いつつ、それ言い訳にしながらどんどん前に出れるし、そりゃ勿論、子供のためってのもありますよ、 でもさ、やっぱりそうは思えない場面一杯ありますよね。

そもそもは、出産を経て子供を育てる過程でキレイごとなど言ってられず、なりふり構ってる暇などない経験も多々あったでしょう。 その慣れも手伝い徐々に開き直れた延長に、まってましたと言わんとばかりに図々しさが開放されていくのでしょうか。

例えば、スーパーでのセールの時の、あの勢いや、場所取りの時のすさまじさ。 みんな少女時代はあった筈なのに、でも多分誰一人として今のオバタリアンの自分に否定感はない。 なぜなら、今の方が楽だから。 それに尽きる(笑)。 そう、この世はそんなんでいいんでしょうね、きっと。