2月に知り合った人と、7月末から暮らし始め、 23年間連れ添った夫と9月に離婚した。 子供達(22歳・20歳)には包み隠さず説明、 了承を得、夫と家を捨てた。 先日、ホームページで近況報告させて頂いたとおりです。(2010年現在) 私は11月で50歳になり、相手は27歳となった。

(もと)夫にバレた?とき、多少の修羅場はあったけど、 はじめから隠すつもりなどなかったし、 そもそも バレて困ることはないので、 なんのためらいもなかった。 男同士の対峙があり、(もと)夫婦の対峙があって決断に至った。 現在、(もと)夫とは、現時点での最適な距離感で関わっている。

離婚を決意したのは、出会ってしまった以上、これからの人生、 自分を誤魔化して過ごすことができないと判断したから。 (もと)夫には、考え直すように言われたが、 確固たる私の決意と、この私の性格を熟知しているので、 なす術もなかった。 私には、自分を騙して暮らしていくことはできない。 それが(もと)夫への誠意だと、今でも本気で思っている。

(もと)夫以外の人に気持ちが動いてしまったことは、 ただ運命としかいいようはない。 美化するわけではなく、出会うべくして、待つべくして、 探すべくして時が訪れたとしか言いようがない。 とことん生意気なふたりの気持ちが噛み合った。 さらけだしあい、響きあい、面白い!と感じ、自然に傍にいた。

年齢も、富も名誉も関係がない。彼は無職。 日常は、何もかも、今やれる方がやる。 体力がある方が荷物を持ち、肩を揉む。稼げる手立てがある方が稼ぐ。 時間がある方が家事をする。 ただ自然な時間が流れるだけ。 セックスから死ぬこと、お墓のことまで正直に語り合う。 いたわり、ねぎらい、妥協せず話し合い、 ケンカしながら、日々変化している。

互いの家族には世間並みの反応を経て承認された。 私が思うに、自分達が決断していれば、反対はされにくい。 反対されても変わらないし、その決意が伝わるからね。 自分に正直に生きてきた延長に今がある。 別に今まで、不幸などなかった。 今までも今も、自分の納得する生き方でしかない。 新たなスタート。 人生 妙味。 まだ、これから。