自分の子供が、細くて色白でおとなしかったとする。 親の意識の中に、「いじめられないようにしなくっちゃ」という思いがあったとすると、 子供に対して、「強くなれ、へこたれるな」と、厳しく育てるだろう。 もし、いじめられたら、「あぁ、やっぱり・・」という気持ちになりやすい。

親側に、「やられても仕方がない」という意識があると、子供を卑下し、 その意識が子供に影響を与えることになる。 親側に、「こうあるべき」の優劣意識が強いと、その意識を子供に植え付けてしまう。 つまり子供は、自己否定感や自分卑下を生み、おどおど、ビクビクしてしまう。

もしそれがいじめられるという構図になれば、自分が悪いとさえ思ってしまう。 その頃親は、子供を努力不足と責めたり、逆に自分の育て方に嘆いたりする。 ああ、全ては親の意識の通り、なるようになっただけなのにね。