意識について、説明してみましょうか。 例えば白い車から赤い車に変えたら、妙に赤が目に付くようになるでしょう。 こんなに沢山あったっけ?と思うほど、赤い車に敏感になる。 ワンボックスタイプの車が欲しいなと思うと、これまたワンボックスカーに目ざとくなる。 欲しい車種に敏感に反応する、なんて経験おありですよね?

今、自分にある意識がそうさせる、自分の意識の反映に過ぎないんですね。 今、気になるから、思いが無意識に反応するのです。 反応するには必ず理由がある、ということです。 例えば、ある人に惹かれていく、妙に意識してしまうとか、ドキドキしてしまう。 思い出しすと感じる自分側の意識。 それが恋だと気づいていれば、それなりに行動できる。 想いが解っていると、それなりに従える。

しかし、ある人に対してヒヤヒヤしたり、ビクビクして落ち着かなかったり、居心地 悪い感覚があったら、それも、その人に感じる自分側の意識なんですね。 でも、なぜヒヤヒヤしてしまうのか理由がわからないと、不安になることもある。 この不安、殆どが自分の過去からくる意識の反映です。 多くは、過去の、腑に落ちていない、納得しきれていない想いが、今おきている 同じようなものに反応してヒヤヒヤしたりビクビクしたりして、不安を想い起こす。 自分の意識が、済んでいないものに対して、何らかの反応、メッセージとでもいいま しょうか、影響を与えているんです。

例えば、家族の中ではいつも親からの威圧的な空気が流れていて、自分を押し殺して 静かにしてなきゃならなかった、そういう空気に対しての反応だったりね。 そういうものがヒヤヒヤ感、ビクビク感だったりね。 そういう、過去の意識が、心の奥底に追いやられながらも、きちんと待機しながら 事実の解明を待っています。

意識は確実に、正直に、自分に従い動いています。 終われていない意識は、いつまでも反応を惹き起こします。 人生は、その為に必要なドラマを自作自演しているに過ぎません。 そして、反応に気づくまで繰り返されます。 これ、カルマとも呼ばれますが、説明がつき、きちんと納得されると、今生で 解放されます。

辛くてたまらないことも、苦しくてどうしようもないことも、落ち着かないことも、 興味の向く方向も、気になることも、全ては自分の、意志を持った意識です。 意識の解明、思い込みからの解放、今生の人生、如何様にも変化できます。 自分仕様に生きられるんですよ。