人は人に、何故それほどまでに執着するのか。 世話を焼いたり、貢いだり、尽くしたり、押し付けたり、変えようとしたり、 それで傷ついても止めれない。 それは、自分が認めて欲しいからなんだろうな。 全然、悪いことじゃないと思う。私もやってきたしね。 けれど、それは他力本願、責任逃れだと思う。

人から承認されることによって、ホントは自分が自分を承認したいのだろう。 自分が自分であることを確認したいのだろう。 その為に一生懸命に人と関わる。自分の為に。 ありゃ?そこまで気づいてしまったら、他力本願ではいにくくなる。 ・・あぁ、自分かぁ。・・あぁ、自分の為なんだぁ・・ と気が付けば、 あんまり、人に執着して、 ああしろこうしろ、あんたの為なんて言えなくなってくる。言いづらくなってしまう。 そうなってくると、素直に表現するしかなくなってくる、自分の為だからね。

・・でも、それが出来ずに苦労してきたのだから、簡単にはいかない。 そこから脱するには、自分を深く見つめざるを得なくなる。 自分の為に、真剣に悩んでみるしかなくなる。この過程がカウンセリング。 深く自分を見つめなおし、感じなおし、自分を承認していく謎解きの時間。 でも、今、見つめたくない人は、今のやり方で、頑張ってみたらいいと思う。 めげずに、外に求め続ければいいと思う。 自分には今それが必要だからそうするという自覚が、 今の自分を承認することなのだから。