いつだったか、アイドルグループのひとりが半年間の語学留学から帰国し、メンバー復帰が決まったという話題がありました。 確かアイドル絶頂期のグループ一員だった彼が、突然、目的も期間も行く先も曖昧なまま旅立ち、メンバーの戸惑いや憤りなどが垣間見られるような報道でした。無期限の離脱と言われながら、またまたこのニュースでしょう。 やっぱり、やったもん勝ちっていうか、世の中ってこんなもんでいいんだよね、 通るんだよね、ということですよ。

やりたいようにやってても、メンバーや事務所の思惑やら利害関係?、 世間の需要が一致すれば、まかり通る。 みんなに迷惑がかかるかなとか、応援してくれてる人に悪いかなとか、自分勝手じゃ ないだろうかとか、果たして上手くいくかとか悩んでいいけど、 自分の想いを後回しにする必要などないのですよ。 彼がどんな思いで留学を決意したのか、帰国したのかはわからないが、 思うとおりにやってみて、気が済んだ事、感じた事、納得した事があるだろう、 これがものすごく大事。

その時どう思われようと、どう言われようと、世間て必要があればいつでも受け入れる、 そんなもんですよ。 良いか悪いか、そういう評価よりは、必要性かな、波?風?会社の力? だから、誰もが、その時その時の自分を大事にしたほうがいいってこと。 好きなようにやった方がいい、むしろその方がいい。 世間の判断や評価など、ホントに取るに足りない。 叩かれる時もあれば、一転、賞賛される時もある、世間のそこに道理があるようにも 見えないですからね。

自由に生きるということは、他人の迷惑やわきまえの上に成り立つということは 当たり前。 その上で、世間を世間と見切って下さい。 どんな体験も自分の宝、その中から何を感じどう気づくかが生きてる醍醐味、 そう思います。 善いも悪いもない、優劣などない、世の中、全てがギブアンドテイクなのですから。