幼稚園や学校などで個性の尊重とか平等とか謳われてますけど、 実情は、まだまだ成績優秀な規律正しい優等生を好む世界でしょう。 だって、エリート街道を歩いてきて、落ちた経験や外れた経験のあまりない人が教師で それが生徒のお手本で、ボスだからね。

ボスは、自分に似ていない輪から外れそうな、或いは外れてる子を戻そうとするのが仕事。 ボスは、自分に経験のない、例えば椅子に座っていられない子の気持ちや、 勉強が大嫌いな子の気持ちはあまりわからない。 善いか悪いかで判断し、そして、善い方に矯正するのが仕事です。 生徒を理解したとしても、我が子への理解はどうだろうね。

自分の天職が教師でも、子供が中卒やニートだったら、 理解できるでしょうか。 教師という職業は、ある意味、偏った価値観を持った職業だということを自覚して いただきたいものです。 全ての人が教育の中を通ってくるわけだから、なんらかのマインドコントロールを 受けてくるわけだから、そんな中で、不登校したり、引きこもったり、反発したり、 そういう表現のできる子供の意思を尊重すべきではないでしょうかね。

千原ジュニアが、自分の引きこもり経験を綴った『14才』という著書がある。 引きこもっていた当時の自分の正直な、ストレートな心の模様が書かれている。 是非読んだらいい。 彼は、自分を守る為に引きこもった。 世間が、教師が、大人が、いかに理不尽で歪んでいるのか、きちんと知っていた。

こういう本を読んで、変なヤツ・ ダメなヤツ・落ちこぼれたヤツなどとレッテルを貼られている子供たちが、 どれだけ、筋の通った、物事の道理をわきまえた、しっかりした考えや深い感受性を持っているか、 少しは理解しようとしてもらいたいものです。

彼が特別なのではない、誰でも、ほっとけば、いじらなければ自由に羽ばたける。 それがどこへか、何にかが違うだけです。 個人的或いは職業的価値観が、どれ程子供に影響しているか知って下さい。 親は教師の意見を真に受けるのではなく、親自身の意見、見方を持って下さい。 大人は、自分の意見を子供に押し付けているということを知って下さい。 持って生まれた素質、素材をどう生かすのかは本人の仕事、 親や教師の仕事ではない。 だから、いじらないでください。