他人のことを、心底、理解している人なんて、いるだろうか? 自分のことを、心底、理解している人が、どれだけいるだろうか? 私が人と向き合っても、相手のことを100パーセント全部理解することなど出来はしない。 実際に、私は相手を理解しようとはしていない。 相手を本当に解ることなど、出来ないということを知っているし、 他人のことが全部解るなどということは、おこがましいとさえ思う。

私は、その人本人が、自分を理解する為のナビでしかない。 私自身が知っているのは自分であり、人間の本質。あらゆる人間の本質が 自然の法則にのっとっていて、個々に主張があるということを知っている。 だから、性別も年齢も職業も上下も関係ない、ただの人間同士の本能的、 本質的な部分でしか対等に対話できないし、私はそうしたい。 それ故、どうしても世間の会話とは、かけ離れてくる。

世間とは「他」、「自分以外」ということであり、世間の中で生きるということは、 少なからず他人を意識しているということ、 即ち、人の行動は他との比較を感じています。 例えば、赤ん坊の頃は、本能のまま自由奔放に表現できていても、 世間が広がるにつれ、他を意識して社会性とかが身につく。 世間を意識しだすと、それぞれの本質の違いが行動を選択し、個性というものを 確立していくが、敏感に他を意識してしまう程、世間一般の価値観に巻き込まれ、 本質が見失われ自分が解らなくなってしまうのです。

親との価値観の違いや境遇により、行動は不自由になることもあります。 自分を知っているのは自分だけ。 人の感覚を、全く同じように感じることなど出来ません。 解るとすれば、同じような場面で感じた事がある自分の感覚。 同じではないが、人間として解りうるに過ぎないのです。 だから、敏感な人の感覚は、鈍感な人には解りにくいし、これも、 いたしかたのないことなのです。

敏感な自分を嘆く人もいますが、私は自分を知ってますます敏感な自分でしか あり得ない。楽しいも嬉しいも、悲しいも悔しいも、人一倍に反応している、 そういう自分が面白いと思っている。 敏感であればある程、喜怒哀楽は激しくて当たり前、 それをちゃんと感じてやれるのは自分しかいないですからね。 生きている実感、喜怒哀楽、自分の味わいを、奪われてたまりますか!