いつだったか、くりぃむしちゅー司会のテレビ番組「スター★ドラフト会議」のなかで、オリジナルの粘土細工の作品が紹介されたときのこと。 可愛らしいキャラクターと独自性の高い作品に皆が絶賛していたとき、出演者のマツコデラックスがその作者に、 「あんたもっと腹黒くならなきゃダメよ~」と言ったコメントに対してテリー伊藤が、 「だから(腹黒くないから)作れるんですよ~」と言った。

すかさずマツコ、 「そうね、分ければ(作る人と売る人を)いいのね。」と言われた。 そうそう、それでいいのよね…! 作品を作る能力とそれを売る能力を分ける。つまり、芸術家と商売人は違うということ。 各々の能力は適材適所にて生かされる、餅は餅屋。 それがコラボされることで大きな力になることができる。 1人で何でもできる人もいるけれどね、何でも1人でやろうとしなくても、餅は餅屋に任せればいい。 それが共存なのだろう。

そう、 「お世話になります。」 「お互い様。」 さて、自分に何ができるか…? その方向の目安になるものは、ズバリ! ワクワクするものでしかないですよ!