つくづく自分のことを、メンドクサイ人間だなあと思うのは、物や人について考える時に、 いつまでも時間をかけてしまうことがあるとき。

例えば、プレゼントを選ぶ。 ここまで考えるかってくらい考えてしまう。 まぁ考えたいのですが、相手の好みを探りつつ、様々な品物を 頭の中で思案したあと探し回る。

無理に使ってもらっては困るけど出来れば気に入ってほしいな、 負担にならないもの、お返しされては困るな、どうやって渡そうか、 出来るだけさり気なく・・・と、微妙な、それこそ絶妙なポイントを探してる。 到底1日では決まらないのですが、ありとあらゆる思考を巡らせた結果辿りつくのは、 至って平凡でシンプルな物が多かったり・・・。

結局、はじめに浮かんでいたものになってしまうと、自分でも気が抜けてしまうのですが、 実は、自分の中ではここまで考えないと納得できないし落ち着かない この、途中経過がもの凄く私には重要なんですよ。 そう、自己満足なんですね。

私が、細かいことが気になるので、気になるままでいると、こうなる。 自分のやり方なんだ、そういつも確認させられる。 別にそれが、一生懸命でもなく、疲れたら嘆き自分に怒ったり慰めたり、 メンドクサイことしながら、「またやってるな」と感じられる自分を面白がっている、 楽しみたいんだね。

そんでもって、相手が気に入るかは別物、肩透かしもアリだし。 気にしたい自分が、気にしないで物を選んでしまったら、 むしろその方が気になってしまう。 だから目一杯気にしている自分がいいのです。

よく、カウンセリングを受けると、細かいことが気にならない自分になるのかと 思われがちですが、一概にそうではない。 敏感で神経質な人ならば、自分を熟知すればするほど、細かい自分が見えてくる。 細かい反応を抑えようとするから不自然になる、そういう自分を 変えようとしてたから苦しい、そういうことがわかってくると、 気にしている自分を、ただただ放っておけるようになるのです。 気になり方が違ってきます。

相手がどう思っているのかに敏感に反応しつつも、相手がどう思っているのかを 自分がどう思いどう感じているのかに任せた行動が、自然ととれるようになっていく。 ときには、相手を優先したければするということ。 相手を感じながら自分を卑下する自分を感じても、相手のことを気にして 表現できない自分のままでいられる。

また、心配が沸いてきたりすると、それこそ万が一に備えて、 予防や対策をとことん考える。 心配する自分を、放っておける。 それが、仕事ややりたい事なら、当然のことながら 誰よりも抜きん出ることは間違いない。 敏感さを、ただ自分がしたいように使うことが人より抜きん出るなら、 当然結果は付いてくるでしょうからね。 気にしている自分は変わらないけど意識が変わる、行動が選択できる、 この境地が心地いいのです。