以前、親戚間でちょっとしたいざこざがあり、1人が1人を罵倒した。 それをキッカケに相手も黙っていず、ごちゃごちゃになったことがある。 あの時こう言ったとか言わなかったとか、こう思っていたとか、、、、、 聞いていて面白かった。

そしてそれを通して感じたことがある。 人を罵倒するのがいいとは思わないが、本音トークのキッカケとしては十分。 感情論のぶつかり合い、正論、一般論のバトルの中から垣間見える本音。 今までの誤魔化しがそっくりバレる。 これぞ人間の会話って感じがした。

聞いていて思ったのは、やはり、悔しさや憤りには必ず原因がある。 お互いに、或いはどちらかが、はなからキチンとした関係を結ぼうと思っていない場合。 或いは、片方の優劣意識から相手をバカにしているか、 もう片方が、自分を卑下している場合。

そういうものが、何かのきっかけで一気に爆発してしまう。 でも、それで破綻する関係ならそれでいいじゃないですか。 なるべくしてなると思うしね。 上っ面で繋がっているよりいいじゃん。

お互いが噛み合わなければ、同じ土俵、同じ環境の中で対話するのは無理。 それを誤魔化してお付き合いしようとするからおかしくなる。 世間のお付き合いには多い関係。 いずれにせよ、本音が出てきて初めてわかること。 そこから先の関係が妥当なんだと思う。