宇宙の共通語…感じるということ

・・人はなぜ自分を誤魔化すのだろう・・。

コミュニケーションとは言語や表情、行動を通して自分がどう感じるか、 どう感じたかを伝え合うこと。 ところが多くの人は感じたままを相手に伝えていない。 私はそれが不思議でたまらない。

生まれたては、感じる全てを「泣く」という行為で表現している。 それなのに意識、理性が芽生え始めると、まるで罪悪のように、 感じるということを放棄し、理性に操られ始める。 理性を手に入れた人間だから地球上の生命体の支配者となれたのだろうが、 実は理性に自分自身をも支配されてしまったのではないのかな。

感性的な人の表現する音楽や絵や小説などが心に響くのは、 人間はそもそも感性でダイレクトに対話しているからなんでしょうに。 そして嫌いとか好きとかの嗜好はあるでしょう。 それが人間の個性です。

感じることは魂が持つ平等の能力。 この世の人もあの世の人?も、共通の言語です。 健康な人も病んでいる人も、障害を持つ人も日本人も外国人も大人も子供も、 そして宇宙人も感じるのです。 なのになぜそれを無視する?・・打ち消そうとする?・・誤魔化そうとする? ・・・もったいない・・・!!

敏感に反応している感性を裁かないで下さい。 そして、感受性が深すぎ、地球になじめない(宇宙人の)方々、 地球レベルにあわせる必要などないのです。 感覚や感性を押さえ込まず思い切り表現してください。 音や絵や小説などで伝えたければ表現してください。 伝える必要のない方はご自分の中で対話してください、 胸を張って引きこもって下さい。 胸を張って感じてください。

私達に枠などありません。この社会は狭すぎます。 もっと自由に魂の対話をしませんか? そうそう、人間の理性が感性を支配しはじめてから、 環境破壊だのテロだの戦争だの、地球の破壊に向かっていませんか? でも、それも、実は破壊ではなく宇宙規模の進化なのだと思うのです。