わかり合おうなんて、100年早いよ。やりたいようにおやりなさい。

自分のやりたいこと、貫いたらいい。 それを死守したらいい、大事にしたらいい、真剣になったらいい。 誰に反対されようと邪魔されようと、やってみたらいいと思う。 誰かにわかってもらうとか、わかりあうって、当たり前にできることではない。 相手には相手の意見、考え、気持ち、見方があっていいのですからね。 相手が失敗を恐れていれば、反対するのは当たり前、 要するにわかり合えなくても自然なことなのです。

そもそも、お互いがわかり合うということは、内容にOKをだすことではなく、 その人自体を認めること。 だから、お互いが、違うということを認めること、許すとか受け入れるのでもなくてね。 つまり、その人のやる事は嫌いなままでいいし、好きになる必要もない。 わかり合う事って、お互いがそういう気持ちになるってことですから、 お互いに自分を全うしていくことを、相手がどうとるかでしかないんですよ。

相手がどう思うかは相手の問題、それを向かせようとすると、どうしても自分の やりたいことにブレが生じやすくなる。 そう、完全にわかり合うなんて、奇跡に近いこと。 分かり合おうなんて、100年早いよ。 あなたはあなたのお好きなようにおやりなさい。 生きたいように生きなさい。 誰かにわかって貰おうとする前に、自分をわかっておあげなさい。 わかり合おう、なんて考える必要ありませんから。 自分に、夢中になってください。