感性をもてあましている方へ

感性とか感受性の大きさは、人によって違う。 それは、生まれつき持って生まれたものであって、その違いに優劣などない。 しかし、感受性の鈍い人には敏感な人の気持ちはわからない。 計り知ることはできない。 だって、違うのだから仕方ない。

敏感な人の気持ちは敏感の人にしかわからない。 感性豊かな人が、自分のそれをもてあましていたり、 周りから押しつぶされることほど苦しいものはないでしょう。 その深さ・鋭さゆえ、周囲から理解を得られず、否定されたり、変人扱いされたり。 それゆえ、自分でも、理性で押さえ込もうとして、 酸欠状態のような息苦しさを味わって来られたでしょう。 楽になるには、先ず、そういう自分の感性・感受性の強さに気づいて、 開放するしかありません。

変わろうとしないで、消そうとしないで、自分仕様に動かすのです。 それには先ず、自分の姿を確かめること。 自分の感性を自分で把握すること。 自分を熟知してこそ、自らの中から起動し始めるのです。

感度がよくても、大雑把に生きることはできます

感度がよすぎると、周囲の雰囲気、空気を読み取ってしまいます。 他人の気持ちを過敏に察知、反応してしまいます。私もそうです。 しかし、それに惑わされず、引き込まれず、振舞うことは可能です。 要は、他人の‘気’に囚われないことが必要ですが、その為には 自分理解、価値観の点検が先決です。

例えば、敏感な人が、相手の機嫌が悪いのを察知すると、自分が何か 気に障るようなこと言っちゃったかなとか、悪い事したのかなとか 振り返ってしまいます。 そんな筈はないと思っても、それこそ、その敏感さで自分側を点検するでしょう。 相手が怒ってるとか、又は悲しんでるとかが瞬時に伝わってくると、それはもう、 一体どうしたんだろうと、先ずは自分側の落ち度を考え始めます。

先ず、自己否定や自分処罰から入るのは、 自分に嘘のつけない、責任感の強い方ならではの行動です。 つい、他人が求めるようにやってしまうのも、正直さの所以でしょう。 幼少時の境遇や親の状態によっては、自分の感性の敏感さが働き、 つい、役割を担ってしまったこともあるでしょう。 例えば、いつも悲しそうにしている母親の愚痴を聞いて、よい子になる。 いつも叱る父親から逃れる為、いいなりになる。

その基準さえ一貫性はないのだが、親から方向性を刷り込まれ、 敏感な子ほど、恐怖と不安を煽られ、マインドコントロールされてしまった。 気がつくからといって先手を打つ必要はないのですが、 どんな状況下でも、持っている感度を最大限に活用していた、 そうするしかなかった筈です。 そして、その行動には、感情の優劣、行動の善悪、 そういうものが作用していた筈です。

しかし、感情に優劣はない、 悲しみも怒りも、嬉しいという気持ちと同じ、優劣はない、ただその状況下では (親を)放っておけなかったんだ、という理解が生まれると、その時その時の 自分の感じていた、弾いていたものが、肯定されはじめます。 自己否定せざるを得なかった自分、(親の)気を察知し、 状況にあわせて行動していた自分が、自分らしかったと認められるのです。

すると、次第に、敏感な自分の感性や細かすぎる‘気’が、愛おしくなったり、 自分に対してよくやったなと感じ始めます。 徐々に、徐々に自己肯定感が増していくと、自分が感じたまんまの、 ムッとする自分、悔しがる自分、悲しい自分のまんまでいられるようになっていきます。 人の気が解っても、自分の気に従えるようになるので、やりたくないときに ぐうたらすることは大いにあるのです。 ある部分には拘り、そうでない部分は大雑把でいられるようになります。

敏感が鈍感にはなれません。 しかし、敏感に反応していることを放っておけることは出来るのです。 敏感さ故に楽しめる面白がる自分の人生を謳歌するには、 その感性を自分自身の為に、最大限活用できる事です。 それは、自他共に、善悪、優劣の、よりなくなる、居心地のよい方向ですから。

精神感応

そういえば幼稚園時代、私は引きこもっていた。 家の裏に保育園があって、覚えているのは、嫌々やった主役と 、家のカーテンに隠れていた自分。 すぐ裏に位置する保育園から見つからないようにそうしていたのだと思う。

何故行きたくなかったのか・・保育園では先生に叱られないおとなしい子、 そういう自分が窮屈だったのだと思う。 注意や叱られる友達を見ていて、先生がイヤだった。 しかし何故か小学校から中学卒業までは無遅刻無欠席だった。 勉強は嫌い。楽しめる会話を友人とした記憶はない。 私は私の世界の中で生きていた。

中学のある授業で、次の発表者を指名するルールがあった。 そこで必ず私を指名する人がいた。 一度も話した事がないクラスメイト。 しかし私の中ではいつも同じ匂いを感じていた。 たまに感じる同じ匂い、しかし私はあえて言葉で会話しようとはしなかった。 言語の対話では雑な気がしてたから。

私は自分の感性に、より忠実だった。 それ故か、あまり後悔はない(失敗はあります)。 何故なら、その時はそうしたかったんだろうと思えたから。 後付けの理屈や言い訳で終わりにしたくない、それも雑すぎて落ち着かないから。

例えば、フラれたとき、とことん寂しくて仕方なかった。 だから泣き喚き暴れたりもした。出 口のない暗闇?だったけど、そうしてたら何かが変化していった。 理屈や言い訳してもひたすら寂しさは消えないことを知っていたからね。

みんな、自分の中に、自分の世界を持っている。 感じる、感じあう。それは誰にも邪魔されない、精神の自由な交流の世界です。 私にはそれが一番信じられ、面白いことだった。

アンテナ

自分の中から伸びるアンテナが「ん?」って感じるものには、必ず理由がある。 匂いとか雰囲気とか、漠然としたものであっても、 私自身も今までそれと対話してきて、その意味が解ったんだ。 あん時の匂いはこれかぁ・・とか、 この雰囲気、こういうことだったかぁ・・とか、 とにかくシンプルに辿っていくと見えてくるんだ。 おそらく、みんな、ほんとは自分の感覚を完璧に信じてる。そして大事。

だから、それと違うことを言われたら、更に、ん?て感じてる。 でも、その、ん?を否定されたり、取り合ってもらえなかったりすると、 基本的には、何故だろうと思う。 それが日常となれば、その何故を納得しようと、理解しようと考えだす。 ん?を表現したことで、相手から受け入れられなかったり、 相手が傷ついたなんてことがあれば、自分の至らなさを点検し、 一生懸命に直そうとか、引っ込めたりもする。

例えば、友達との会話で自分が感じたことを正直に言ったら、 「○○ちゃん、こわ~い」 とか 「○○ちゃんに傷つけられたー」 なんて言われたり、 親から 「そんな風に思っちゃいけません」なんて叱られたら、もうアウト。 裸の王様に出てくる子供のように、「王様は、ハダカだー!」 なんて言おうものなら、 「しーーーっ!!!」 って総攻撃を食らってしまい、訳わからぬまま、 厄介者扱いをされてしまう。 そこで、更に、ん?と反応したら、もう輪に入れてもらえない。

それは本意ではない、 自分はみんなと、単に仲良くしたいだけだから。 そうなると、自分の感覚を自分が見張り、 感じてることを相手にも悟られないよう注意し、自分のアンテナで人の気持ちを拾い、 穏便に円満に済むようにしてしまう。 それでも感じる自分の感覚を恨んだり、 何の疑問も感じない他人が羨ましくて、しょうがなくなる。 自己点検、自己否定の連鎖が始まり、罪悪の塊に埋もれる。

感受性豊かな正直ものは、こういう状況下では、こうなるよ。 それでも自分のアンテナは衰えることなく、ん?を辞めない。 この状況から解放されるには、もう一度自分の、ん?に立ち戻って、 検証してみる必要がある。 そこに全てが網羅されていますから。