人へのお世話

人へのお世話が手柄だと思っているうちは、それに対する賞賛や価値を与えられないとき、鬱憤や怒りがたまる。

人へのお世話は、時にめんどくさくやってらんねぇと思うことでもあるのに、それを感じられてない。

おそらくその境遇から培ったことであるのだろうが、その気持ちを抑え、通り越して、認められることに欲求があること自体がゆがんでいる。

それだもの、人へのお世話などせず、自分のしたいこと言いたいことを心置きなくしてる人に腹がたつのは当たり前。