意識と時間

今生の世界、その鍵を握るのは、どうやら「意識」のようです。 生まれた当初、無意識だった自分は、 その環境や出来事により色々と意識される。 それは如何様にも変動し、その意味を正確に知れるごとに、 その人らしさとして覚醒する。 それが生きる醍醐味な気がします。

生まれてから死ぬまで、私たちの時間は過去から未来へ向かう法則にありますが、 その感じ方に優劣はなく、しかしその長さの感じ方は、その人により 同じではありません。 例えば、面白いと感じる時間は短く、詰まらないと感じる時間は長い。 不慮の事故などに出会い、ぶつかる瞬間の時間は、コマ送りのように 鮮明に記憶されます。

その、面白いとか詰まらないとか、或いは怖いとか感じるのが意識であり、 その意識は、更に、時間の長さを動かすトリックさえも出来る。 そう、意識が時間を牛耳っているというか、自分の人生の時計を 動かしているのです。

つまり、過去に、何か引っかかっていたり気になっていたりするものがあると、 時間がそこで止まっているように感じるというか、今を生きながら 過去に縛られているように感じてしまいます。 その時間の中に、まだ昇華しきれない、覚醒したい無意識があるのです。 意識がそれを知りたがっている。

引っかかるもの気になるものというのは、登場人物を変えながらも、 同じ内容として自分に繰り返し経験させます。無意識を覚醒さすまで繰り返し、その意味に気づくとようやく過去となれるのです。

人生って、言ってみれば自分が納得できる時間を過ごせたかどうか。 それは、自分として生きれる時間の中で、どれだけのことをするか ではなく、 いつ自分に気づくか、目覚めるか だと思う。 そう、自分に起こるすべての事象が、ただ自分が覚醒するために起きている。 自分の存在確認のため、意識も時間も、あるのでしょう。

意識と無意識

心は大きく意識と無意識にわかれます。人が意識しているのはほんの氷山の一角。 だとすると、人の言動はほとんど無意識が動かしていると言っても過言ではない。 無意識がその人の真の心だとしたら、意識は社会での仮の姿? 自分の心を知りたいのなら、無意識を知る必要があるということです。

無意識からのメッセージとして感じられるものには、なんとなくとか、漠然ととか、 違和感というもの、または直感という形で感じられるものが当てはまります。 意識する部分を頭、無意識の部分をこころ、と置きかえてみると、 意識(頭)は考える・使うところ、無意識(こころ)は感じるところ、となります。 付け加えると、からだは訴えるといったところでしょうか。

日常で、ふとやってしまう、思わず言ってしまうことがある。 無意識(こころ)で感じたものを意識(頭)で考え使おうとした時、 無意識が意識を飛び越えて、おさえることができずに表現されるのでしょう。 それを意識で説明しようとすると、ついとか、なんとなくとか、漠然ととか、 理論で理解、説明できなくなるのです。 無意識は確実に、そして心の大部分に存在します。 無意識にも主張があるのです。

それを私は、こころの法則とか悩みのからくりと 表現しています。 そのメッセージを、エネルギーの動きをできる限り意識されると、 できる限り言葉で表現できると、つまり頭とこころとからだが繋がると、 生きやすくなります。楽になります。 それがあるがまま自分らしく正直に生きることに繋がっていくのです。 トークはそんな無意識の部分、魂との会話です。

全ての事象は自分の意識の反映です

意識について、説明してみましょうか。 例えば白い車から赤い車に変えたら、妙に赤が目に付くようになるでしょう。 こんなに沢山あったっけ?と思うほど、赤い車に敏感になる。 ワンボックスタイプの車が欲しいなと思うと、これまたワンボックスカーに目ざとくなる。 欲しい車種に敏感に反応する、なんて経験おありですよね?

今、自分にある意識がそうさせる、自分の意識の反映に過ぎないんですね。 今、気になるから、思いが無意識に反応するのです。 反応するには必ず理由がある、ということです。 例えば、ある人に惹かれていく、妙に意識してしまうとか、ドキドキしてしまう。 思い出しすと感じる自分側の意識。 それが恋だと気づいていれば、それなりに行動できる。 想いが解っていると、それなりに従える。

しかし、ある人に対してヒヤヒヤしたり、ビクビクして落ち着かなかったり、居心地 悪い感覚があったら、それも、その人に感じる自分側の意識なんですね。 でも、なぜヒヤヒヤしてしまうのか理由がわからないと、不安になることもある。 この不安、殆どが自分の過去からくる意識の反映です。 多くは、過去の、腑に落ちていない、納得しきれていない想いが、今おきている 同じようなものに反応してヒヤヒヤしたりビクビクしたりして、不安を想い起こす。 自分の意識が、済んでいないものに対して、何らかの反応、メッセージとでもいいま しょうか、影響を与えているんです。

例えば、家族の中ではいつも親からの威圧的な空気が流れていて、自分を押し殺して 静かにしてなきゃならなかった、そういう空気に対しての反応だったりね。 そういうものがヒヤヒヤ感、ビクビク感だったりね。 そういう、過去の意識が、心の奥底に追いやられながらも、きちんと待機しながら 事実の解明を待っています。

意識は確実に、正直に、自分に従い動いています。 終われていない意識は、いつまでも反応を惹き起こします。 人生は、その為に必要なドラマを自作自演しているに過ぎません。 そして、反応に気づくまで繰り返されます。 これ、カルマとも呼ばれますが、説明がつき、きちんと納得されると、今生で 解放されます。

辛くてたまらないことも、苦しくてどうしようもないことも、落ち着かないことも、 興味の向く方向も、気になることも、全ては自分の、意志を持った意識です。 意識の解明、思い込みからの解放、今生の人生、如何様にも変化できます。 自分仕様に生きられるんですよ。