自尊心を満たし、自他尊重、自他承認の、そんな関係を手に入れましょう

いつも他人が気になり、他人に気に入られるように振舞っている人は、他人の判断が 基準となった行動をとりますので、どうしても自分には優しくなれないでしょう。 相手の為にいつも努力している、そういう状態です。 けれども、そうしていればそれなりに認めてもらえるというか、何となく求められる ことによって安心感が得られたような気になると、それは加速され、更に尽くしていくのです。

そういう相手との関係が、例えば恋人や親など特定の関係性では更に密度が濃くなり、 どちらかというと、ギブ・アンド・テイクというよりは、ギブ・アンド・ギブ(与えるのみ)に 近くなっていきがちです。 つまり、「与える」という条件つきの行為と引き換えに「承認」を戴くという、頭を なでてもらう為に全てをなげうるような、全くのデタラメな交換によって歪んだ関係性が成立してしまうのです。

そうです、だからいくら与えても尽くしても何かがしっくりこない、満たされる実感が 沸かないのです。 自分がありのまま、無条件では受け入れてもらえていないという事実に気づいて下さい。 それどころか、自分の自尊心がとっても傷ついているという事実に目を向けて下さい。

自尊心とは、そのまんまの自分を尊重するということ、自分の気持ちを無視しない、 認めるということです。 それは、自分の苦痛や痛みに正直になることです。 自尊心とは自分が自分でいられること、 それほどすごい事はありません。 私ってスゲー!俺ってスゲー!生きてるだけでスゲー事、そういうことです。 自分の自尊心を蔑ろにしなければ手に入らない承認など、本物ではありません。が、 それ程欲しい、という自分の気持ちなんでしょう。

承認とは、自分の自尊心が満たされ、自分が尊重できてはじめて満たされる欲求です。 承認欲求の強い人は、自分の自尊心が低く、傷ついている方が多いようです。 過去のどこかで傷ついた、満たされなかった想いです。 奇跡的に、無条件で受け入れていただける方に巡り合った人は、少なからず、 しだいに自分の傷ついた自尊心が癒され満たされていかれるのでしょうが、相手から 承認を求めるが為に、他人尊重に終始していては、いつまでたっても満たされません。

いつか巡り合えるという空想の世界から早く抜け出て、他力本願を辞めて 、自分で掴む決心をされて下さい。 自分を尊重し他人も尊重する、自分も他人も承認する、 そんな対等な人間同士の関係を手に入れるため、現状を正確に感じなおしてみて下さい。

他尊心は自尊心に比例する

自尊心のない人に、他尊心はない。他尊心を持ちたければ先ず自尊心を育てることだ。 自尊心とは、自分自身を大事にでき尊重できること。 自分自身とは自分の本心から考えていること、感じていること。 大事に尊重するとは、その自分の考えや感じていることを許し従えること、守れること。 他尊心というのは、自分と同じく他人の考えや感じていることを尊重できること。

大事なのは「自分のことを一番大事だと言い切れるかどうか」です…それって身勝手で自己中な人じゃん、て思いました? そう、多くの人はそれを言い切ることに躊躇がある。 だからといって自分が一番かわいいのに変わりはない、だから、そう思われないようなフリをして水面下でややこしく動き回ることになる。 これこそ自己中なんじゃないの? 「自分がかわいい」「自分が一番」で何が悪い?ちゃんとその気持ちに許可を与えられることから自尊心への責任が生まれる。

簡単な例でいうと、 ティータイムの時、日本茶を飲みたい自分と紅茶を飲みたい人がいたとき、自尊心のある人同士なら、互いに飲みたいものを飲める。 ひとつの飲み物しか飲めない場合、自尊心があれば、話し合いができる。ここで自尊心のない人は、自分の気持ちをハナから引っ込めて、相手に同調したり諂(へつら)うことになる。 つまり、自分の美徳的行為がストレスを生み、怒りの蓄積となるということ。

ここで、自分がどうしたいのか、自分の気持ちが全く出てこない・分からないという方。そういうあなたは、自分の自尊心どころか、尊厳自体が確保できていないのではないでしょうか? それではさぞ生き辛いことでしょうね。 先ずは気づくことから、どうぞその気づきを大切に!