面白い!興味ある方向、そっち!そっち!

私は数学が好きでした。 何故なら、答えがありそこに法則がある。その謎解き、最後のパズルを見つけるような ワクワク感を感じれたから。 でも、うちの娘はこんなに楽しい数学が大嫌いだと。だから成績も悪かった。

ところが、あるときクラスで3位という快挙。本人曰く、 たまたま図形のとこだけは面白かったそうだ。 つまりこれ、誰でもが当てはまる真理。 好きなもの、興味があるものには気が向く。 頑張らなくても、出来る。 面白いものは、自然に繋がっていくので、どんどん解っていくが、 気にならないもの気が向かないものは、少々出来るようになっても楽しめない。 いつまでたっても面白くならない。 興味があるもの、気が向くものは、ほっといても伸びていくということ。

そしてその方向にしか、能力、素質はない。 つまりね、気が向かないものは早く見切ってください。 楽しいことやったらいい。 そのほうが、自分の素質、能力に気づきやすく開花も早い。 そう、これが成功法則なのですよ。 でも、このシンプルな法則が実行されにくいのは、 上昇志向の優劣意識が邪魔してしまうんだな~。 もったいない!

好きなものしか続かない

人間はね、好きなものしか続かないし、楽しめないんですよ。 当たり前なんだけどね。 でも好きでもないものを平然と続けている人、多いですね。 やり続けることなんかを善しとしている世の中ですから、 辞めるには、ある程度の非難を浴びてしまうこともある。 でも、好きでもないもの、それを続けようとするから苦しくなる。

続けなければと思うほど苦しむ。 仕事でも食べ物でも、人間関係でも遊びでも、です。 それを捻じ曲げて頑張るから、みんな病んでいくんです。 辞めればいいじゃん!   …「いい加減なこと言うな、嫌な仕事もしなきゃ食っていけないよ」って? そうだね。 でも、今そうなっているのは、今までずっとそうやってきた結果でしょ。

いえいえ、責めてるんじゃなくて、 自分の人生に納得するには、その今までの思考サイクルを 一度ぶっ壊す必要があるってこと。 そのコミュニティーサイクルから抜け出る必要があるってこと。

子供の学費の為にあくせく働いている親。 子供はそんなに勉強したがっているかしら?学校生活、楽しんでいるかしら? 世の中の当たり前に自分を当てはめないで、 自分にとっての当たり前に合わせてみてください。 楽しく続けたければ好きなものを探すこと。 好きなものに巡り合うための努力なら、できるってこと。 今からでもね。

好きになるのに訳などない

テレビを見ていたら、ノーベル物理学賞を受賞した科学者が、 「どうしたら物理が好きになれるのか?」というキャスターからの質問に、「好きになるのに理由なんかないですよ。」と笑いながら答えてました。 「ただ好きなものが物理だっただけですよ。」って答えてた。

そうだよねぇ・・興味が沸く理由を聞かれても答えようがないよね。 ただ自然に熱中してしまうのに訳はいらないよね。 言うならば、好きなものに出会うしかない。熱意やら努力やらは関係がない。 偉業の功績を称えることが正当な評価だとしても、それにまつわるプロセスには苦も楽もあって当然。 研究のためにクラゲを一万匹採取したって、そりゃ、必要があればやるわね、やりたきゃやるわ当然だわね。

努力すれば誰もがノーベル賞を取れる訳でもない。 それは頑張ればオリンピックで金メダル取れる訳はないのと同じだ。 もし、努力というならば、そういう、やりたい研究をする為に、 どう環境を保ち続けるかを考えだす努力だ。 受賞者達を見ていて、海外に拠点を置いている方が数名いましたが、自分の研究を思う存分するために、彼らは拠点の選択をしている。 努力というならば、こういう自分のやりたいものをやり続ける為に、どうしたら、どこでなら出来るかを考えることだ。 それは、好きなものから離れない努力だ。

大きな発見というものが、偶然の出来事や失敗の思わぬ結果だったりするってことは案外あるよね。 それって、常識から大きく食み出た中からの偶然の発見だよね。 狙おうとして狙えるものでもないが、だとするなら、初めから方向や枠を決めないこと。自分のアンテナの方向へ行って見ること。 心から揺さぶられるものとの出会い、それを見つけるには、ひたすら自分の勝手を許すことなんじゃないの? 勝手を許すってことは、嫌いなもんにも言えること。 心が揺さぶられないものには自分を誤魔化しちゃダメ。

ところで、物理学者の宇宙創生についての話。 宇宙の起源は、ビックバンにより、粒子と反粒子が出来た。 粒子は6つの素粒子からなり、その結びつきでこの宇宙を作り上げている。 そして、粒子と反粒子が結びつくと、その両方が光となって消えてしまう、という。 反粒子というのは、天文学で言うところの、見えない物質(ダークマター)と見えない力(ダークエネルギー)のことでしょうか。 それは私たちの「意識」或いは「無意識」のことでもあるかな。

では、「自分」という素粒子の集合体が、見えない意識と完全な結びつきを得たとき、私たちは消えてなくなるのでしょうかね。 死んで空の星になるってことでしょうかね? みなさん、どう思います?

向き不向き、適材適所

私のテニス暦は、若干1年。 1年と言っても数えるほどしかしたことはない。 夫が経験者ということから、健康のために遊んでいるようなもの。 しかしこれがなかなか上手く行かない。 というか、どう教えられても、どう考え動いても、 思うように行かず、まったく面白くない。 ダメだしされ、指導されればされるほど、イヤになる いつでも、 も~ 辞める~  となる。

ところが、先々月だったか、数人の友人達とゲームをした。 私はと言えば、まったく解らないまま、前衛のポジションに立たされる。 テニスって、ほら、…アドバンテージ  …ディユース  とかなんとか、 なんのことやら英語が飛び交う。 で、 で、 この私、 訳もわからぬまま、相手コートから来たボールを初ボレー お! お! なんじゃこりゃ!   お、おもしろい~  ボールがラケットにちゃんと当たり、プレーになっているどころか、 打ち込めちゃったりできるじゃないですか!

お~ 上手く出来るってのは面白い。 下手はつまらない、面白くならない。 そして、考えもせず、努力もせずに、なんなくやれてしまうのがいい 。はじめてテニスが楽しいと感じたのでした。

どうやら私、前衛に向いているらしい、 性格的なものと身体的なものが、あっているらしいぞ。 これならテニスが続けられる、と思った瞬間でありました。 う~ん、恐るべし向き・不向き。 つまり、自分に向いているものであれば、コツなど容易く掴め、 さほどの努力もせずに出来てしまう。 それがセンスというものですかね。 世の中にはそういうこと、そういうもの、一杯ある。

いっくら苦労しても努力してもできないなら、 一度自分の力量を客観視してみてください。 上には上がいるもの、ですがその前に、面白いかそうでないか、 そして自分の向き・不向きをご確認くださいな。 いえ、努力するのがお好きなら、それは誠に結構なんですけどね。

琴線に触れる

物凄く面白いものに触れ、笑い転げた経験はおありでしょうか? テレビとかで、誰かが言ったその一言に反応して、思わず噴き出してしまうとか。 それが、時間がたっても、何度も思い出し笑いをしてしまう。

つい、なんとはなしに笑いが出てきてしまい、いつまで笑ってんのなんて 人に言われたりして、 でもそうしているうちにいつしか忘れてしまう。 そしてだいぶ後になってその話題になり、あの時おかしかったなぁとか、 なんであんなに笑ったんだろうなんて思ったりする。

これ、笑う毎に、おかしさ、面白さが済んでいくんですね。 自分の笑いのツボ、自分の琴線に触れ、共鳴していたものが、 笑うことによっていつしか落ち着いていく。 こういう感覚、経験、いかがでしょうか? 笑いや笑みを堪えるのも大変でしょうが、 これ、悲しみや憤りに対してもおんなじです。 自分の琴線に触れれば、同じように揺れます。 それを無理に抑えようとしても、揺れきらなければ、完全には止まないものです。 揺れを味わい、感じ切れてようやく思い出になっていくのです。