価値観

価値観はその人の経験・体験の域を出ません。従って、物の見方や感じ方は、その人の経験・体験の中で作られていきます。

自分はこう思う、こう考えるとかの思考、或いは善悪や優劣の評価。 好き・嫌い、楽しい、寂しい、怖い、悲しいなどの感情や感覚。 いずれも、どこかで自分が培い身につけてきた筈のもの。

しかし、辛さ、生きにくさを感じている方は、どこかで価値観のすり替えをしています。 それはあなた本来の価値観なのか?親の価値観なのか、社会の価値観なのか・・・?

今一度、振り返ってください。

人間の価値と人依存

人間の価値、言い換えて、自分の価値。あなたはそれが気になりますか?カウンセリングのお客さんの中には、自分の価値はない、低いとおっしゃる方は多いです。自尊心が低いですから、そう思ってしまうのは妥当ですけどもね。

価値とはなんぞやの問答はさておき、価値のある・なしが気になるということは、それに一喜一憂します。グラッときたらもうアウト、自己否定・自己卑下と共に価値ある方向を目指そうと躍起になってしまいます。その思考、おかしいでしょ?って言われても、自分でも分かっていても辞められないのは、もう自動的にその反応が自分のなかに染み付いてしまっているからであり、それを改善していくのは、体質改善と同じように時間が掛かかる。

ところで、大概の人は先ず、勉強やスポーツで秀でようと頑張り、学歴やキャリアを高め、資格取得に励もうとする。でもそれがなかなか報われないとき、自分の性格改善を図る。明るく元気に振る舞い、人を気遣い優先し、信頼される人を目指す。自分の価値を感じたければこれも妥当なこと。ところが実は、これがアウト。

なぜならば、順位や稼ぎなど、自分でも分かりやすく上位だと感じる優越感や、自信から得られる価値と違い、自分の価値は人次第となっていることにあります。成績も振るわない自分、弱い自分、暗い自分、そんな自分に自信など持てるはずはないので、自分を下げ他人に喜ばれることをするようになる。これでは自分の主体性などなく、知らぬ間に他人の隙間に入り込んでいく。これが究極の癒着という人依存症(ひといぞんしょう)です。

当然ながら人依存の人にはアディクションや他の嗜癖もあります。そして神経症や対人恐怖にもなるでしょう。言い換えれば、神経症や対人恐怖、それからなどの方がたにも、この人依存の体質は潜んでいます。なかなか気づきにくいことではありますが、やはり人間は、自立しないと心からせいせいと生きられないようですよ。

そう、依存の反対側が自立です。

無価値感

無価値感とは、自分のことをまるで価値の無い人間だと感じること。 または自分に、人としての価値を全く見出せないでいることです。 承認欲求や見捨てられ不安の根底には、この無価値感の恐怖があります。 この、『自分には価値がないんじゃないか』 という恐怖が深く染み付いていると、それを撤回したくて、自分の価値を見出したくて、自分の全ての言動を、他人から価値ある人間だと認められようとすることに費やすようになる。

それは自分の個性や性分、癖を消し相手に気に入られようと振舞うことであり、 従ったり尽くすことで自分の存在が必要だと認められようと終始することです。 しかし相手に必要とされることに成功しても、相手からしたら、従ってくれるあなた、尽くしてくれるあなたが素だと受け取られるので、その関係から外れることができず、更に苦しい状況に陥ってしまいます。

自分の個性や性分、癖を消すということは、自分そのものを消すということであり、そういう自分が必要とされても、ありのままの自分が認められた実感はつかめず、更なる自己嫌悪のループに嵌まり込むことになります。 これでは、自分を認められたいのに自分を隠すという、いかにも本末転倒な事態を招いていしまいます。 ありのままの自分を認めてほしいのに、認められる自分を目指してしまう。 しまいには自分を無価値な存在として認識してしまうことになるのです。

この真逆な発想は、ありのままの自分を自分が肯定できないことから起きているのですが、どうしても否定せざるを得ない事情があるのです。 難しい話ではなく、自分のありのままの表現、素の反応を、相手に非難されたり嫌われたり、弾かれたり見放されてしまうと、そのまんまの自分でいたら誰にも相手にされず独りぼっちになってしまうと思い、その計り知れない不安と恐怖から逃れるため、本当に独りぼっちにならないために自分のありのままの姿を消すのです。底のない孤独・孤立から逃れるための施策、これが無価値の正体です。

例えば、裸の王様に裸を指摘した子供のように、もしその正直で純粋な反応を、周囲の誰もが疎ましく思い、非難したら、その子供は自分を責め、その純粋な反応を嫌い、引っ込め、次第に自分らしさを失っていくでしょう。 本来、そのありのままの反応を認め合うだけでいい筈なのに、多くの関係がそれをできていない。 善悪で縛り優劣で競い、生の反応、生きた人間を葬ろうとする。 そういうものに正確に反応している人間こそ陥ってしまう無価値の迷路。 そこから脱却するなら、先ずは自分の素の反応を、正確に客観的に理解していく必要がありそうですよ。

自己価値の低さと感情の関係

自己価値を感じられないことに悩んでいる人たちのほとんどに、自尊心がない。その多くは自分の自己価値を感じるために、世のため人のために尽くし、自分が必要とされ喜ばれることに終始する。自分の全ての言動と他者との関係がその為だけにあると言っても過言ではない。

それはその昔、自分の家庭環境・境遇の中で身につけた、唯一の適応方法だっただろう。親の間を取り持ち、最悪な状態にならないよう先回りし、愚痴を聞き落ち着かせ、更にはよいしょする。それを褒められこそすれ咎められる筋合いはどこにもない。だけども、その中で自分の安らぎ、まして価値と自信など身につかない。まあ、そんなことを考える暇もなく、必死に生きてきた、そのやり方しか知らないという言い方のほうが正しいのでしょう。

こういう子供時代、客観的に見れば不遇なのですが、それでも家庭は家庭、一歩外に出れば、否応なく学校社会は待っている。すでに周りの子供たちにある、当たり前のように安心していられる家庭の中で育(はぐ)くまれた自我から生まれる自尊心を基に、同級生や先生と遊び学び成長していく道筋はできない。

家庭内でやっていた、大人の気分や状況をいち早く察し、それを回避したり取り持つことが上手でも、むしろそれは不必要。それより、自分の気持ちを大事にでき、考えや意見を言えること、そんなことは今までの家庭内の必要事項とは真逆であり、他のみんながすでに出来る、例えばスイミングやサッカーや、ごっこ遊びなど、子供らしく子供としての対等な関係にも付いていけず、不安とパニックはつきまとう。

結局、相手に先回りし、相手の気に入る言動をとることで、ただそこに居られることだけが最優先となる。けどだからといって、努力は人一倍、どうやったらみんなみたいにできるんだろうと頑張るんだけれど、そこは人に頼る甘えるお願いするということが怖いし、人への不信感があるのでいつだって独学。だからできる限界はやはり低い。

この流れ、こうなるのも無理じゃなく不思議でもなく当たり前です。そう、当たり前に作られてきたこの不自然で不可解な状態こそが『生きづらさ』。そして実際に人とどこが違うのかといえば、『自分の感情(心)と共にいられてない状態』ということであり、だからこそいわゆる健全な人には理解しがたいのです。

『自己価値』或いは『自尊心』。これらの言葉は日常的ではなく、また健全な人からすればその概念すらない。つまりそんなものは「当たり前にあるもの」であり、自分の感情が分からないとか、ないとか、それはもう会話不成立な話題。それゆえ更に自己否定とともに自己価値を求めて上記のような所作をしながら彷徨うのです。

自分の価値を感じたい…一言で言うなら、それには、自分の感情を取り戻すことです。そして、今の苦しみをなくしたいなら、今やっている、人に忠誠を尽くしてしまうようなことを辞めること。ですが、それができりゃ世話はなし。だって怖いもん。

けれどその為の道筋は、あります。始まりの一歩として、あなたの感情の中での「寂しさ」「悲しさ」についてはご存知ですか?理解がありますか?そして一番厄介ながらシンプルにあなたに触れられるものが「怒り」の感情です。臆せずあなたの感情を掘り起こしてみませんか?

感情探し、心探し、あなた探し、はじめませんか?

人の値段

あのね、人間にはね、みんなそれぞれ価値があって、その価値は違うんだ。 でもそれをお金に換算すると、びっくりするほどに差があるんだ。例えば、死亡事故に巻き込まれたとき、その値段の差が如実にでる。 若いかそうでないか、医者か無職か、超有名人かそうでないか、そういうもので変わる。 保険金のことです、聞いたことありませんか?

その人の稼ぎに伴い支払われたり、又は若い人なら生涯に持てるであろう金額が 算定されるということ。 厳密に言えば、残された遺族への慰めと、それまでと近い暮らしができる様に 考えられたシステムであり、人間の価値とは全く関係のないものなんですが、 それでも、お金の有る無し、そして資産の有る無しで、人間の順位をつけることが多い。

おかしいって?  …そう、 でも、それがこの世のお金から見た人間の評価査定。 そしてそれが嫌なら、お金を持てる人間を目指すのもよし、 金銭価値に縛られない生き方をするもよしだろう。 ただ一つ私が思うのは、 お金の有る無しと人間の幸せとは、別のところにありそうだということかな。