なぜ引きこもるのか

ミニチュア家の写真

職場や学校で何があったかは、きっかけに過ぎない

引きこもるということは、自分の中の我慢が飽和し、頑張りが効かなくなり止まってしまった状態、どうにも身動きできなくなった状態です。

それは、当たり前のようにこなしてきた日常でも、気づかずに無理してた言動があったり、フリや誤魔化していた自分が破綻してしまったということです。多くの場合、気付かずに走り続けた結果ですので、まさかの身動きできない状態に混乱したり戸惑ってしまい、抑うつ状態になられる方も多いでしょう。

職場や学校で何があったかとか友人と何があったかということは、あくまでもきっかけに過ぎません。徐々に、確実に自分の枠を超えた言動が、自分の沸点を超え、どうにも身動きが出来なくなり自分を見失い、社会に適応できなくなってしまった、それが引きこもりです。

現実、世間から見れば躓(つまづ)いたということではありますが、誰が正しいとか、どちらが正しいのかを争うのは無意味です。敢えて言うなれば、親や家庭での影響は多大ですが、それをどうして行くのかを含め、先ずは本人の主体性の回復が先決です。

引きこもり(不登校)の闇

家の中の写真

内面で起きてる事に気付かないまま、自分と世間を責め続ける

引きこもりになられる方の性格は、元来、生真面目で小心な方が多いです。しかし一方では筋を好み頑固な一面もある。だからこそ自分の許容範囲を超え、相手に迎合してしまう。その内側はいつもアップアップ状態なのです。

ところが実際は、自分の枠を超えていることに気付かず日常を送られているので、知らず知らず憤りを増幅させ、いつしか本来の性格に歪みが起き、自分への否定と抑えきれない怒りに溢れてしまうのです。しかし問題は、そういうことが自分の内面で起きていることに気付かないまま、自分と世間を責め続けてしまうことにあります。

引きこもりと一口に言いましても様々です。なんらかのコミュニティを持つ人から、自分の部屋に篭ったまま誰とも口をきかずに殆どの社会生活を維持できない人までいます。年数で言えば20年、いやそれ以上にも及ぶ方まで、それは何らかのきっかけや誰かの介入なしには動けないほど、自分ではどうしようもなく続き得るのです。

引きこもりとは、大きく言えば、社会活動に参加せず社会との接点を持たない状態ですが、その闇とは、そういう人々が自分以外の人間や社会に対して、適応・共存できないことでの劣等感から自分を責め、自分以外を遠ざけ、そしてコンプレックスを膨らましながら怒りも増幅させること。その怒りの中で自分を見失っていくことにあります。

放っておけばいつまでも続く闇の底なし。基を正せば純真な心の持ち主が、孤独の中で自分への価値を見出せずに引きこもるしかない。それはなんとも痛々しい限りです。

引きこもりのⅣステージ

本を読んでる人の写真

「急性期」から「回復期」までの道のり

引きこもり(不登校)の初期段階というのは、例えば高熱がでるような、突然の異変に戸惑う「急性期」から始まります。例えるなら、思いっきり頭を叩かれたような状態。とにかくパニックになり放心状態になり、本人も周りも何が起きているのかよく解らないまま、ただ動けくなってしまった状態です。この状況下で有効なのはやはり休息、本人が安心して休めること、周囲は少し落ち着くまで待てることです。

低迷期」…思いっきり叩かれた頭の中では、何かが振り子のように大きく揺れている状態。周囲からは少し落ち着きを取り戻しているようにも見えるのですが、その中ではドロップアウトせざるを得なかった状況に対する憤りと自分への自己否定が渦巻き、絶望と渇望のなかで混乱しています。

引きこもりだしたといっても本人にとっては、戦場に行かずに済んでいるが戦争は続いているようなもの、とても不安定でもろく抑うつ状態な感じは続きます。この時期の周囲は腫れ物にでも触るような対応となってしまいやすいのですが、焦らずに見守れること、聴く姿勢を保てること。と同時にご自分達の振り返りも大事です。子ども一人の問題ではなく、家族の問題として捉えることが大事な鍵となります。

自己対話期」…頭の中で大きく揺れていたものが落ち着いてきた状態。自分の考えや胸の内をいつ話し始めるかが鍵を握ります。この時大事なのは、それを見守り続けてくれる人の存在と、それを客観的に扱ってくれる人の存在の有無。本来は親のなすべきことではあるのですが、その為のサポートサービスがカウンセラーの役目となります。

何度も混乱と気付きを繰り返しながら、一番時間の要するところ。自己の確立と自立を見据えた対話が回復へと導くのです。親子の対峙や本音の話し合いが出来るかどうか、試されるところです。

回復期」…ここまでの道のりを経て辿り着くのが、回復というか、安心できる自分を取り戻せた状態です。自分が考え自分で決めれる、そういう主体的人生の始まりです。

これらの段階、どれを取ってもはっきり言って容易ではありません。ですが解決の鍵は、あなたの手の内にしかない、そして必ず鍵はあるのですよ。

根本から解決するには

ミニチュア家の写真

社会の中において自己を確立できること

結論から言えば、等身大の自分を引っ張り出すこと。社会に適応できる人間になるのではなく、自分という人間をきちんと知り、自分に適応して生きること。今までの生き癖を見直し、徹底的に原因と理由を明らかにしながら、自分に不適合な縛りを解く。そうして自分で生きられるようになること即ち、社会の中での自己を確立できるのです。

文章にすれば完結ですが、これが嫌でこれが出来ずに引きこもっているので、そうそう簡単なものではありません。実際には自分の本性を認めざるを得ないところまでいけるかどうかにかかってくるでしょう。

落ちてもOK、弱くてOK、辞めてもOK、自分が好きにしていい。そう感じれたら引きこもりも不登校も関係なくなります。社会も学校も自分との比較確認の場に過ぎないのですが、人間は自分の特異性を感じたとき不安になります。そしてその特異性を扱えないのが社会や学校であり、その性質上、中庸を好みますので、個性が淘汰されてしまうことにもなりかねないのです。

ですが引きこもってしまっている人にとって、社会はもう敵ではなく、実際には自分との勝負のみが鍵となります。自分に勝つというのは、強くなるということではなく、自分を知り自分を認め入れることです。

引きこもりは一夜にしてならず。しかし己を正確に知ることで、人はもれなく社会の中で生きられます。背後にある親子の問題と闇に焦点を当て、自分の縛りを解くのです。社会の中のどの場所でなら、自分が楽に、楽しく生きられるのか、それを獲得していただくために、マザーアースでは、とことんご自身を知っていただくためのナビゲーションに努めます。 

「実際に3年間引きこもっていた僕が思うこと」 … 浅野達郎

自暴自棄

家の中の写真

僕は20代前半頃から約3年間引きこもりました。自分にとってはそれまでの人生、普通・当たり前の生き方をしてきたつもりでしたが、それがどうやら相当「健全」ではなく、様々な感情を抑圧し、僕の心は病みきっていました。その生き方で限界に達した頃、僕は引きこもり始めました。

引きこもっていた期間はすごく自暴自棄でした。まるで廃人のようで、ボタン一つで楽に一瞬で死ねる手段があるなら死にたいとずっと思っていました。

自分1人では無理だった

人が立ち直るにあたって、最終的には本人の意志が必要不可欠ですが、一人では立ち直れません。グレて荒んだ心が「俺、このままじゃダメだ」と頭では分かっていたとしても、どうでもいいのですよ…、人生も、自分も。投げてしまっているし、むしろ「壊れてしまえ」と思っていますから。

そこで誰かが自分のことを見捨てずに手を差し伸べてくれたら、自分のことを諦めないでくれる人がいたら、そこで初めて本人が「頑張って生きてみようかな」っていう気持ちが芽生えるのだと思います。僕はそうでした。

上辺だけじゃなく、本気で自分のことを相手してくれる人…。生まれてからそんな相手と出会えなかった人はむしろ、グレない方が不思議だと思いませんか。

優しさだけでは

引きこもってる人は、肯定されることや安心感を与えてもらうことが先ず第一に必要ですが、第二に、思い込みや自惚れを指摘され、等身大の自分を突き付けられる必要もあります。それがなければ結局のところ、世の中における自分を確立できません。

「世の中から見てあなたはこうですよ」という世の中目線の自分を受け入れられなければ、結局は自分の世界に閉じこもったままですし、そのままでは自分にとって都合の良い環境にしかいられないはずです。

第一のステップは本人から歓迎されますが、比べて第二のステップは本人から歓迎されません。「嫌だ!認めたくない!」「認めるくらいなら死んだほうがマシ!」と、激しい怒りと自棄の感情は、それこそ長い年月をかけて蓄積された地層のようなものですから、すぐにコロッと変われるものではありません。

引きこもったツケ

引きこもっている人は弱虫だとか、怠け者だとか、そういう風には僕は思いませんし、むしろ同情されるべき境遇を生きてきたはずです。ただ、引きこもっていた”ツケ”はいつか必ず自分が払わなければなりません。

「自分のせいじゃない」「自分だってなりたくてなったんじゃない」そうだと思います。だけど世の中に出た時そんなことは通用しないし、社会復帰する時若い方が選択肢があるように、引きこもっていた期間が長ければ長いほど現実は厳しくなります。

自分を変えたいなら

「こんな自分を変えたい」と思うことは何度となくありました。それらの中で、変えようと思わなくていい部分と、やはり変わらなきゃならない部分の二つに別れると思いますが、その区別は病みきっている自分にはできませんでした。

ただ今になって一つ言える、分かりやすくシンプルなことがあるとすれば、それは現実を誤魔化すことを止めることでした。僕も実に多く、深く、幼い頃から様々なアディクション・依存がありました。食べ物・甘いもの・お酒・買い物・ギャンブル・ゲーム・性、何でも、それが現実逃避になっているのなら当てはまります。

引きこもることになった人は特に、そういった手段で心のバランスを保ってきたはずです。そのバランスのとり方を止めて行くことが、自分を変えることにつながります。ただこれも、一人の力では無理だと僕は思います。人生を取り戻すことに、良い援助者との出会いは必要不可欠です。