本気な関係

自分を出してぶつかって、それで切れる関係なら、それはそもそもそれだけのもの。 その関係が合わないというだけ。 喧嘩してさらけ出して、そこで切れるなら、そりゃそこまで。 でも、多くの人はそこまでも行ってない。 つまり、ぶつかったりさらけ出したり喧嘩したり、 そういうことを避けて、妙に仲良しごっこ上っ面な付き合いばかり。 本気の会話などどこにもない。

虫の居所が悪い時や、ミスや思い通りにいかない時、ムカついたりイラついたりするし、 本気で付き合っている人が側にいたらそれを隠さないし、 そういう自分を出したら、そりゃ喧嘩や不穏な雰囲気になると思うんですよ。 それが出し合えない関係、そういう時に喧嘩できない関係のどこが本気なんだろう。

イラついたり時にはへこんだり、そういうことを安心して出せる相手と、 出されたほうも我慢せず、自分の意見や気持ちを その時の自分の感情のまんま出せる。 本気で怒り本気で叱れる、そういう対等さがあるから100%ガチで挑める。 全てにおいて同じ価値観の人などいない、 だからこそイヤなとこ違うところをさらけ出せ、 自分が自分らしく生きていけるよう 自分のしあわせのために、出し惜しみせず協力し合える。化かしあいではなくて、利用しあう、 それが尊重。大人な関係。本気の付き合い。

信頼関係

『信頼とは対等な関係性にのみ築ける相互間の平等な利益である』 …by マザーアース

信頼とは、約束なり契約なりを、過不足なく、滞りなく勤められること、 それは、片方にのみ喜ばれることでも、片方にのみ利益が生まれることでもなく、 双方に同時に発生するものである。 例えば、直径20cmのイチゴのケーキを明日の3時までに依頼されたら、 直径は15cmでも25cmでもなく、全く同じ大きさの同じ味のケーキを時間通りに提供できること。 もし、直径が25cmであったりイチゴの数が多ければ、それはあくまでもサービスであって、信頼とは、本来なんら関係のないことである。

むしろ、信頼とは約束を約束どおりに果たせること。それに尽きる。 そういう信頼を感じれて互いの関係は成立する。 そこではじめて、今回はサービスしようかな、とか、 お礼しようかな、とかの気持ちにもなれる。(なれなくてもいいんですよ。) 例えばそういうパートナー同士においては、互いに出し惜しみなく思いやれる気持ちとなるのです。 それは、人間とペットとの関係にも生まれる。「互いにただ居てくれること。」何の駆け引きもなく、互いの願いが一致した場合に感じれるものでしょうね。

親密な関係

親密な関係の獲得、 それは、自分の深いデリケートな部分に踏み込まれる可能性に対して、 恐怖や不安を冒してまでも踏み込む許可を、自分に与えられるかどうか。 したがって、自分に踏み込まれたくない領域がある以上、 親密な関係にはなれないだろう。

親密な関係の獲得、 それは、相手に気持ちでぶつかれるかどうか。 勝ち負けの外、自分の気持ちに、ただただ正直になれるかどうか。 一般論はもとより、礼儀や弁(わきま)えの類を持ち出して、 論破に終始してるようじゃ、始まらない。 理論武装を脱ぎ捨て、気持ちでぶつからなければ、壁のない関係にはなれない。

親密な関係、それは当然、相互関係でなくては成立しない。 だから、例えば食い違いが起きたとき、 気持ちでぶつかれない相手、ケンカをしたくならない相手とは、無理だろうね。

親密になれない

うちのお客さんがこう言った。 今までずっと自分を否定してきた。 自分がおかしい、自分の何かが悪いから上手くいかないんだ ・・・と、ずっと思ってきた。 だけど、気づいたことがある。 もしかしたら、私(の心)はずっと開いていた。 ずっと、ただ、仲良くやっていきたいと思ってきた。 私は開いていたんだ。 閉じていたのは相手のほうだった。 ・・・と。

そのとおり!

いや、ほんとうに、空々しい世界ですよね。 全ては、気配で伝わっているのに。 ただ、仲良くしようと、開いているだけなのに。 それが人間なのに。恐れているのは、 人を蹴落とすゲームだと気づかずに、 脳みそだけを駆使して 閉じている人たちのほう。

漂う空気に、胸くそ悪さを覚えたら、 そういう時は、離れること。 非情になること。 自分のために、相手のための、それが最高の優しさ。 自分が開いていることに気づいた人は、 もう、その感覚を置いてきぼりにしないで下さい。 自分の感覚でよかったのですから。